会長方針

岡谷ロータリークラブ 会長方針

岡谷ロータリークラブ会長

岡谷ロータリークラブ会長

中村 文明(なかむら ふみあき)

Nakamura Fumiaki

生年月日1956年1月28日
現住所〒394-0028 岡谷市本町3-8-40
職 業(有)ヌーベル梅林堂 代表取締役
職業分類洋菓子製造
ロータリー歴2009年9月8日 岡谷ロータリークラブ入会
ポール・ハリス・フェロー
米山功労者

会長方針

2020-2021年度ホルガー・クナール会長は本年度RIテーマを「ロータリーは機会の扉を開く」と発表されました。また、いかにロータリーを持続可能なかたちで成長させることができるのか、活動を通じて会員はどのような価値を得ることがでるのか、と語られました。

RI第2600地区ガバナー成田守夫氏は地区標語「ロータリーを通じてあなたの世界を広げよう」自然少子高齢化に悩む長野県を今こそロータリアンが新たな結束と活力をもって:ロータリアンから信州を元気に:と述べております。

岡谷ロータリークラブ創立60周年も皆様のご協力で昨年度無事終了致しました。これを踏まえ新たに有機的で持続可能なクラブモデルを作る年度としたいと思います。本年は皆様ご承知のように新型コロナウイルス感染症が発生し企業活動社会生活ロータリー事業等に多大な影響を及ぼしております。当クラブとしてもガバナーの意向に沿い、会員の安全最優先で勇気を持って行事の変更延期を決断しクラブ事業を進めるフレキシブルな対応を心掛けてまいります。

また、本年度は諏訪グループガバナー補佐の輩出クラブとして、全員にご協力いただき矢島ガバナー補佐の責任が全うできます事をお願い申し上げます。
会員の皆様一年間よろしくお願いします。

主要目標

1. 会員の増強
2. ロータリークラブの公共イメージの向上
3. 新たなクラブモデルを作る為の戦略計画立案
4. 会員相互の理解と親睦
5. 青少年への理解と協力
6. 補助金事業の実施
7. ロータリーデーの開催
8. ロータリー財団・米山記念奨学会への協力
9. ポリオ撲滅の協力
10. ガバナー補佐の支援協力


© 岡谷ロータリークラブ